top of page
​LEXSOL COMPANY GROUP
SDGsの取り組み
スクリーンショット 2024-05-06 152152.png

プレスリリース
合同会社レクソルSDGs宣言
​プレスリリース記事は画像をクリック

EFFORT

LEXSOL COMPANY GROUPでは

年齢・性別。人種・障がい・宗教あるいは経済的地位党に関係なく全ての人々への、日常でのお住まいについてサポート。
日常での快適な暮らしのための情報提供や空き家・空き地問題などの解決、再生できるものはリノベーションをし、建物としての寿命が終えているものは解体更地にし新築物件を建築して長く住み続けられるように提供します。
分譲住宅地を開発する際は施工現場などでの近隣住民への配慮などをおこたらず地域の環境や美観へ配慮し近隣住民との共存及び地域に必要とされる企業を目指しパートナーシップ強化を図ります。

ABOUT SDGs

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)について

​合同会社レクソルは、SDGsを支援しています。

スクリーンショット 2024-05-09 172259.png
​LEXSOL COMPANY GROUP
のマタニティマークの取り組み
レランテシリーズ
マタニティマークについて
20230401_policies_boshihoken_maternity-mark_01.jpg
マタニティマークを通した妊産婦にやさしい環境づくりにご協力ください
マタニティマークについて

妊娠初期は、赤ちゃんの成長はもちろん、お母さんの健康を維持するためにもとても大切な時期です。しかし、外見からは見分けがつかないため、「電車で席に座れない」、「たばこの煙が気になる」など妊婦さんにはさまざまな苦労があります。
国民運動計画「健やか親子21」推進検討会において、妊娠・出産に関する安全性と快適さの確保を目指し、「マタニティマーク」を発表しました。マークは、妊婦さんが交通機関等を利用する際に身につけ、周囲に妊婦であることを示しやすくするものです。また、交通機関、職場、飲食店等が、呼びかけ文を添えてポスターなどとして掲示し、妊産婦さんにやさしい環境づくりを推進するものです。

マタニティマークとは?
  • 妊産婦が交通機関等を利用する際に身につけ、周囲が妊産婦への配慮を示しやすくするもの。

  • さらに、交通機関、職場、飲食店、その他の公共機関等が、その取組や呼びかけ文を付してポスターなどとして掲示し、妊産婦にやさしい環境づくりを推進するもの。

CHANGE FOR THE BLUEとは

国民一人ひとりが海洋ごみの問題を自分ごと化し、”これ以上、海にごみを出さない”という社会全体の意識を向上させていくことを目標に、日本財団「海と日本プロジェクト」が推進しているプロジェクトです。 海の豊かさを守り、海にごみを出さないという強い意思で日本全体が連帯し、海に関心を持つ人を増やし、海の未来を変える挑戦を実現していきます。

​☎ 06-4400-0809

​営業時間/10:00~19:00 定休日/水曜日

​LEXSOL COMPANY GROUP
の日本と海プロジェクトの取り組み
レクソルカンパニーグループ
bottom of page